admin のすべての投稿

日本刀の適正な価格

日本刀の現在価格について・・・刀屋の倒産目立つ奇妙なブーム「あなたは日本刀の現在の価格をどのようにお考えですか」とのアンケートによると、古刀は安いが新刀、新々刀が高い。高位高名もの、国の指定のあるものが安く、つまらぬ刀が高いなどという意見が多い。愛刀家たちの間に日本刀の現在価値はかなり「高い」とみられている。しかしアンケートの回答者の人々は、大半は中産階級であるから「高い」という声もやむをえない。日本刀の本当の価格についての意見をみてみよう。

  • 高い―という人・・・土地や株を買う如く利殖を目的にした一部の収集家によって刀剣価格は愛刀家不在の高値になりすぎている。
  • 良いものが高いのは驚かないが、そうでないものが非常に高い
  • 高いの一語につきる。年収をそっくりだしても大した刀は買えぬ。日本刀は金持ちの埋蔵品となりつつある。近頃はいくらか興ざめしてきている。
  • 悪徳刀剣商、ブローカーの“金融相場を悲しく思う
  • 高価にすぎるので愛好家は減っていくと思う。原因は、某団体の無謀な格付け釣り上げ方策、一分の不正刀剣商の策謀にあると思う。
  • 安い―という人・・・相当の名刀なら格式ある大名でなければ持てなかった。品薄の傾向くは変わらないし、まだまだ安いと考える。
  • 油絵など日展審査員級になると何百万の取引なのに、現代刀などはそれに比べると安く取引されており残念です。正常な価格に戻りつつあるが、新刀、新々刀に比べて古刀がなお安い。
  • その他―の意見の人・・・古美術品に対する価値判断は、それに関心のある人とそうでない人では全く異なってくる。したがって、単純に安いとか高いとかは言えるものではない。このように愛刀家の価格についての意見は様々である。他の古美術の中でもひときわ脚光を浴びているのは刀の値上がりが急激であり買っておいて損はない、いや反対に儲かる―という評判が広がったためである。デパートが即売会を開き、週刊誌が書きたて、新聞も「刀は投資の対象」などと書く。デパートの即売会や名刀展は、他の古美術とは比べ物にならないほど人が集まる。しかし刀剣界の本当の姿はどうであろうか。刀剣がブームと呼ばれるようになってから九州はじめ大きな都市の大きな刀剣商が相次いで倒産している。これはどういうことか、その謎を解く一つのカギに、刀剣商同士で売買する交換会、刀のセリ市の過熱化がある。

人間無骨

信長の小姓・森蘭丸の兄長可(ながよし)の使った十文字の槍がある。室町時代に活躍した美濃国(岐阜県南部)関の刀匠・和泉守兼定の作で、表に「人間」、裏に「無骨」の彫刻が施されており、「人間無骨」と呼ばれた。この槍をもってすれば人間など骨のない肉の塊のように貫かれる、という意味である。今は所在不明である。

日本刀の重さはどのくらい?

二尺三寸の刀身重量は6oo–200g。その刀身に鐸や柄、切羽、 きや 鋼などの刀装具を装着し、鞘を払った(輸を抜いた)抜き身状態で8oo–400 g程度。鉄のかたまりなのだから重いのは当然だが、やはり実戦では少しでも軽い 方が扱いやすく有利である。日本刀の刀身には、縦にスッと「樋」と呼ばれる溝 が彫られているが、これは、曲がりにくくする、衝撃を緩和するといった理由とと もに、少しでも軽くする役目ももっている。

抜丸

平安時代中期に活躍した伯耆国(鳥取県西部)の刀匠・大原真守の作と言われる、平家伝来の名刀。もともとは伊勢国(三重県)に住む貧しい男ものだった。あるとき男はこの太刀を大木に立てかけて眠っていた。気がつくと木はなぜかすっかり枯れ果てている。このことから、男の太刀は「木枯」と名付けられたという。この噂を聞きつけた伊勢守・平忠盛は、男から木枯を買い取った。

ある日忠盛が昼寝をしていると大蛇襲った。そばにあった木枯がひとりでに鞘から抜けて、大蛇の頭をスパツと切り落とし、鞘に納まった。ここから木枯改め「抜丸」になったということだ。