admin のすべての投稿

平安・室町の国宝

・へし切長谷部(へしきりはせべ)
長谷部国重による太刀です。
織田信長が、自分に敵意を持つ茶坊主を御膳棚ごとへし切ってしまったという話から、こう呼ばれています。
鎬造りで庵棟、身幅広く、重ねは薄く、反り浅く、中鋒は延びる。
刃文は、小のたれ、小互の目交じり、小足・葉しきりと入り、中程下大乱れ。
国宝に指定されています。
福岡市博物館に所蔵されています。

・日光一文字(にっこういちもんじ)
無銘ではあるが、福岡一文字派による太刀だと言われています。
鎬造りで庵棟、元先ともに身幅が広く、重ねは薄めです。
腰反りは強く踏ん張りがありり、切先は猪首です。
国宝に指定されています。
福岡市博物館に所蔵されています。

・小竜景光(こりゅうかげみつ)
備前の長船住景光による太刀です。
はばきもとに倶梨伽羅竜の彫り物があることから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造で庵棟、腰反り、踏張りが残っています。
国宝に指定されています。
東京国立博物館に所蔵されています。

・狐ヶ崎(きつねがさき)
狐ヶ崎為次(きつねがさきためつぐ)とも呼ばれ、備中青江派の為次による太刀です。
駿河の梶原景時の変で、狐ヶ崎において吉川小次郎経光が梶原景茂を討ち取ったことから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造りで庵棟、中鋒です。
国宝に指定されています。

・明石国行(あかしくにゆき)
来派の国行による太刀です。
国行作の中ではやや細身に属する。
地鉄は小板目つみでやや肌立ち、刃文は広直刃調に丁子を交えです。
鎬造りで、庵棟、腰反高く踏張があり、鋒は猪首鋒です。
国宝に指定されています。
日本美術刀剣保存協会に所蔵されています。

・江雪左文字(こうせつさもんじ)
江雪左文字あるいは紅雪左文字(こうせつさもんじ)と呼ばれ、筑前の左文字派左衛門三郎安吉による太刀です。
三郎安吉は短刀の作刀を得意としてたため、太刀はこの一振りだけである。
彫刻は表裏に丸留の棒樋で、中心磨上です。
刃文は、浅い湾れに互の目を交え、上半丸い具の目が連れるところある。
国宝に指定されています。
株式会社小松安弘興産が所蔵し、ふくやま美術館に寄託されています。

日本刀鑑賞のポイント

実際に日本刀を鑑賞する機会が与えられたときのために、その作法を知っておい たほうがいいだろう。作法といっても、茶道や華道のような形式ばったものではな いが、日本刀はたいへん繊細なものであり、取り扱いを一つ間違えれば大事故にもつながる危険性をはらんでいるだけに、心得ておかなければいけないことも ある。
刀身に直接触れてはいけない・・・人間の脂というのはけっこう取れにくく、刀身に錆を作る原因にもなるため、素手で触れるのは厳禁です。刀身の厚みなどを観察したい場合は、かならず当て布を当て るようにしましょう。
日本刀を持ったまま、おしゃべりをしてはいいけない ・・・時代劇などで、武士が日本刀を手入れしているとき、懐紙を口にくわえている場面があるが、これは、刀身を前にしてしゃべらないための戒めであり、湿った息を 吹きかけないためでもある。唾液や湿った息が刀身につくと錆の原因となる。現代 においては、懐紙を口にくわえることまではしなくても、ペラペラおしゃべりする のはタブーである。
刃を人に向けてはいけない・・・これは、冗談でもやってはいけない。人に渡すときはもちろんだが、鑑賞中は特に気をつけたい。つい夢中になって自分の世界に入り込み、周りが見えなくなると いうことのないよう、平常心での鑑賞を心がけよう。また、鑑賞を目的にしたとき には、絶対に振ったりしてはいけない。

石田切込正宗

日本刀を鍛錬する過程において、除ききれなかった不純物や、ちょっとしたミスが、疵(きず)となって現れることがある。致命的なのは、焼刃に入った亀裂で、ここから折れる恐れがある。刃や地に現れるシワのような疵は、そこから曲がる可能性がある。鍛錬中に空気が入り、抜けきらずに水ぶくれのように残ってしまったものは美観をそこなう。

こうした疵は、日本刀の美術品としての価値を下げる要素となるが、疵であって疵とされないものもある。「矢疵(やきず)」と「切込疵(きりこみきず)」である。これらは斬撃に耐えた戦歴 を物語る記念すべき疵であり、武人にも、現代の愛刀家にも、勇ましい武士(もののふ)の証として尊重・珍重されている。
この切込疵にちなんでのちに異名を付けられたのが、「石田切込正宗」である。

この日本刀は相州(そうしゅう)の名工・正宗の作である。物打(ものうち…物を斬る力点にあたる、12cmぐらいの部分)と鍔(つば)に近い部分の二か所に切込疵がある。豊臣政権における 五奉行の一人・石田三成の愛刀だったが、この庇は、三成のもとに渡るよりもはるか以前に、どこかの戦場で受けたものであろう。秀吉没後、加藤清正(かとうきよまさ)や福島正則(ふくしままさのり)ら、秀吉子飼いの七将に襲撃された三成は、徳川家康に助けを求めた。そして、保護してもらう代わりに五奉行を辞職して、領地の近江佐和山(おうみさわやま)に帰ることになった。このとき、佐和山までの道を警護して付き添ったのが、結城秀康(ゆうきひでやす)である。家康の次男として生まれ、秀吉の養子となった人物である。 秀康の厚意に応え、三成は愛刀正宗(石田切込正宗)を、秀康に贈ったという。 現在は、重要文化財に指定され、東京国立博物館が所蔵している。

和泉守兼定

細川忠興(ほそかわただおき)の「歌仙兼定(かせんかねさだ)」の作者である和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)は、二代兼定とされるが、新選組副長・土方歳三(ひじかたとしぞう)の愛刀は、同じ和泉守兼定でも、幕末、会津(あいづ)藩に仕えた十一代兼定の作とするのが通説となっている。

豪農(ごうのう…富裕農家)出身の土方は、浪士組に参加するまでは帯刀が許されていなかった。そのため日本刀に対しては並々ならぬ執着をもっていたといわれ、実際、愛刀・和泉守兼定は最高の斬れ味を証明する「最上大業物(さいじょうおおわざもの)」にランク付けされている。土方は、天然理心流(てんねんりしん)に入門するまでは、生家で製造販売していた「石田散薬」の 行商を行っていた。

しかし、行商にはあまり熱心でなく、出先で道場を見かけては 飛び込んで勝負を挑み、腕を磨いていた。ちなみにこの石田散薬、効能は、打ち身、擦り傷、切り傷、捻挫、骨接ぎ。使用方法に、「この散薬は酒にて用うべし」とあり、「酒で薬を飲めば、体がホカホカ温まり、くじいた痛みも忘れてしまうのではないか」と笑い飛ばされていた。周りからの評価はゼロに等しかった石田散薬だが、土方はこの薬を新選組の常備薬にして いたというから、土方自身はその効果を信じていたのだろう。

刀剣を知る

「日本刀2000年の歴史」・・・時代の変化とともに形を変え、長い歴史を日本人と共に歩んだ日本人日本で鉄の武器がつくられ始めたのは、5世紀以降、古墳時代のことだ。弥生時代に伝来した鍛造の技術が定着し、国産の刀剣ができるようになったのである。

古墳時代の刀は、現在の日本刀のような反りのある片刃の刀剣ではない。この形状に変化したのは平安時代末期のことで、それ以前は、直刀と言われる反りのないまっすぐな形をしていた。それまでのものが変化するきっかけとなったのは、武士の台頭による武力闘争の激化だった。

政治権力が貴族から武家へと移るのと同時に、肩何も変化が必要とされたのである。直刀だった形状は、反りのある「太刀」へと進化。貴族が権力誇示のために装飾していた拵えも、シンプルなものが好まれるようになった。「太刀」という言葉は「断ち」に由来しており、太刀は斬るという行為に特化した武器となる。直刀よりも馬上で使いやすく、以降日本刀の形状はこの太刀を基本としていく。

再び太刀に大きな変化をきたすようになるのは戦国時代に入ってからである。南北朝時代、武門の人々は勇猛さを誇示する為に大きな太刀を求めるようになっていたが、近代的な歩兵による集団尖塔が主流となり、大きすぎる武器は小回りが効かず疲労の原因となる。そのため、太刀のように帯で腰に「佩く」よりも、腰帯に直接「差す」ことができ、室内での抜刀が可能な「打刀」が登場する。いつ、的に襲われるかもわからないという戦国時代の実情が、刀を接近戦で扱いやすい短寸へと変化させたのだ。

江戸時代に入ると刀は一度役割を終え、平安時代の様な象徴的な存在となる。武士道と相まって刀が、「武士の魂」となったのもこの時期だ。そして、再び幕末の混乱期に実用的な刀が求められるようになり、戦場に戻ることとなった。

明治の廃刀令で、軍刀など一部を除き日本史上の武器としての役割を終えることとなった日本刀、200年の長い歴史を歩んできた業物たちは、現在では美術的価値を見出され、日本文化のひとつとして認められている。

「日本刀の種類」

「日本刀の種類」・・・刀剣は歴史と共に、その形を様々に変えて来た。長さや形状にはそれぞれ特徴がある。ここでは日本刀の6つの種類を紹介する。

 ○太刀(たち) 平安時代後期から徐々に制作されるようになり、室町時代初期まで活躍した。刃を下にして腰につるして用い、床の間などにおく際も刃が下になる。太刀を「佩く」といい、馬上での戦いに有利な形状をしている。

 ○大太刀(おおたち) 太刀よりも刃長が長く、大ぶりなものを大太刀という。室町時代には武士の力の象徴として大太刀が好まれるようになった。戦いのみならず、神社などの御神体となっている大太刀も多い。

 ○打刀(うちがたな) 室町時代中期頃から、室内での戦いも考慮されるようになり、太刀よりやや短い打力が制作されるようになる。太刀とは違い刃を上にして腰帯に「差し」、以降江戸時代末期まで日本刀の主役となる。

 ○脇差(わきざし) 一尺(30.3cm)以上、二尺(60.6cm)未満のもので打刀よりもさらに短い。刃は上にして腰に差し、刀の予備として2本揃えて用いられた。江戸時代には大小の刀を差すことが定められ、太刀を本差し、小刀を脇差とした。

 ○短刀(たんとう) 長さが一尺(30.3cm)未満の刀で、腰刀とも呼ばれている。護身用に用いられることも多い。より頑丈につくられたものを「鎧通し」といい、固い鎧を貫くためにも用いられた。

 ○槍(槍) 柄の先端に、厚めにつくられた両刃の刀身」(穂)をはめ込み使用する。先端の穂の形状は、笹穂、十文字、片鎌など様々な種類がある。柄から穂の先までは数メートルあるものも少なくない。

 ○薙刀(なぎなた) その名の通り、薙ぎ払うために使用された刀で、茎の部分が長く穂先にかけて反りがつく。源平の時代に盛んに使用され、やがて武家の女性たちの習い事として「薙刀術」が定着していった。

日本刀の適正な価格

日本刀の現在価格について・・・刀屋の倒産目立つ奇妙なブーム「あなたは日本刀の現在の価格をどのようにお考えですか」とのアンケートによると、古刀は安いが新刀、新々刀が高い。高位高名もの、国の指定のあるものが安く、つまらぬ刀が高いなどという意見が多い。愛刀家たちの間に日本刀の現在価値はかなり「高い」とみられている。しかしアンケートの回答者の人々は、大半は中産階級であるから「高い」という声もやむをえない。日本刀の本当の価格についての意見をみてみよう。

  • 高い―という人・・・土地や株を買う如く利殖を目的にした一部の収集家によって刀剣価格は愛刀家不在の高値になりすぎている。
  • 良いものが高いのは驚かないが、そうでないものが非常に高い
  • 高いの一語につきる。年収をそっくりだしても大した刀は買えぬ。日本刀は金持ちの埋蔵品となりつつある。近頃はいくらか興ざめしてきている。
  • 悪徳刀剣商、ブローカーの“金融相場を悲しく思う
  • 高価にすぎるので愛好家は減っていくと思う。原因は、某団体の無謀な格付け釣り上げ方策、一分の不正刀剣商の策謀にあると思う。
  • 安い―という人・・・相当の名刀なら格式ある大名でなければ持てなかった。品薄の傾向くは変わらないし、まだまだ安いと考える。
  • 油絵など日展審査員級になると何百万の取引なのに、現代刀などはそれに比べると安く取引されており残念です。正常な価格に戻りつつあるが、新刀、新々刀に比べて古刀がなお安い。
  • その他―の意見の人・・・古美術品に対する価値判断は、それに関心のある人とそうでない人では全く異なってくる。したがって、単純に安いとか高いとかは言えるものではない。このように愛刀家の価格についての意見は様々である。他の古美術の中でもひときわ脚光を浴びているのは刀の値上がりが急激であり買っておいて損はない、いや反対に儲かる―という評判が広がったためである。デパートが即売会を開き、週刊誌が書きたて、新聞も「刀は投資の対象」などと書く。デパートの即売会や名刀展は、他の古美術とは比べ物にならないほど人が集まる。しかし刀剣界の本当の姿はどうであろうか。刀剣がブームと呼ばれるようになってから九州はじめ大きな都市の大きな刀剣商が相次いで倒産している。これはどういうことか、その謎を解く一つのカギに、刀剣商同士で売買する交換会、刀のセリ市の過熱化がある。

人間無骨

信長の小姓・森蘭丸の兄長可(ながよし)の使った十文字の槍がある。室町時代に活躍した美濃国(岐阜県南部)関の刀匠・和泉守兼定の作で、表に「人間」、裏に「無骨」の彫刻が施されており、「人間無骨」と呼ばれた。この槍をもってすれば人間など骨のない肉の塊のように貫かれる、という意味である。今は所在不明である。

日本刀の重さはどのくらい?

二尺三寸の刀身重量は6oo–200g。その刀身に鐸や柄、切羽、 きや 鋼などの刀装具を装着し、鞘を払った(輸を抜いた)抜き身状態で8oo–400 g程度。鉄のかたまりなのだから重いのは当然だが、やはり実戦では少しでも軽い 方が扱いやすく有利である。日本刀の刀身には、縦にスッと「樋」と呼ばれる溝 が彫られているが、これは、曲がりにくくする、衝撃を緩和するといった理由とと もに、少しでも軽くする役目ももっている。

抜丸

平安時代中期に活躍した伯耆国(鳥取県西部)の刀匠・大原真守の作と言われる、平家伝来の名刀。もともとは伊勢国(三重県)に住む貧しい男ものだった。あるとき男はこの太刀を大木に立てかけて眠っていた。気がつくと木はなぜかすっかり枯れ果てている。このことから、男の太刀は「木枯」と名付けられたという。この噂を聞きつけた伊勢守・平忠盛は、男から木枯を買い取った。

ある日忠盛が昼寝をしていると大蛇襲った。そばにあった木枯がひとりでに鞘から抜けて、大蛇の頭をスパツと切り落とし、鞘に納まった。ここから木枯改め「抜丸」になったということだ。