平安・室町の国宝

・へし切長谷部(へしきりはせべ)
長谷部国重による太刀です。
織田信長が、自分に敵意を持つ茶坊主を御膳棚ごとへし切ってしまったという話から、こう呼ばれています。
鎬造りで庵棟、身幅広く、重ねは薄く、反り浅く、中鋒は延びる。
刃文は、小のたれ、小互の目交じり、小足・葉しきりと入り、中程下大乱れ。
国宝に指定されています。
福岡市博物館に所蔵されています。

・日光一文字(にっこういちもんじ)
無銘ではあるが、福岡一文字派による太刀だと言われています。
鎬造りで庵棟、元先ともに身幅が広く、重ねは薄めです。
腰反りは強く踏ん張りがありり、切先は猪首です。
国宝に指定されています。
福岡市博物館に所蔵されています。

・小竜景光(こりゅうかげみつ)
備前の長船住景光による太刀です。
はばきもとに倶梨伽羅竜の彫り物があることから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造で庵棟、腰反り、踏張りが残っています。
国宝に指定されています。
東京国立博物館に所蔵されています。

・狐ヶ崎(きつねがさき)
狐ヶ崎為次(きつねがさきためつぐ)とも呼ばれ、備中青江派の為次による太刀です。
駿河の梶原景時の変で、狐ヶ崎において吉川小次郎経光が梶原景茂を討ち取ったことから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造りで庵棟、中鋒です。
国宝に指定されています。

・明石国行(あかしくにゆき)
来派の国行による太刀です。
国行作の中ではやや細身に属する。
地鉄は小板目つみでやや肌立ち、刃文は広直刃調に丁子を交えです。
鎬造りで、庵棟、腰反高く踏張があり、鋒は猪首鋒です。
国宝に指定されています。
日本美術刀剣保存協会に所蔵されています。

・江雪左文字(こうせつさもんじ)
江雪左文字あるいは紅雪左文字(こうせつさもんじ)と呼ばれ、筑前の左文字派左衛門三郎安吉による太刀です。
三郎安吉は短刀の作刀を得意としてたため、太刀はこの一振りだけである。
彫刻は表裏に丸留の棒樋で、中心磨上です。
刃文は、浅い湾れに互の目を交え、上半丸い具の目が連れるところある。
国宝に指定されています。
株式会社小松安弘興産が所蔵し、ふくやま美術館に寄託されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です