刀剣を知る

「日本刀2000年の歴史」・・・時代の変化とともに形を変え、長い歴史を日本人と共に歩んだ日本人日本で鉄の武器がつくられ始めたのは、5世紀以降、古墳時代のことだ。弥生時代に伝来した鍛造の技術が定着し、国産の刀剣ができるようになったのである。

古墳時代の刀は、現在の日本刀のような反りのある片刃の刀剣ではない。この形状に変化したのは平安時代末期のことで、それ以前は、直刀と言われる反りのないまっすぐな形をしていた。それまでのものが変化するきっかけとなったのは、武士の台頭による武力闘争の激化だった。

政治権力が貴族から武家へと移るのと同時に、肩何も変化が必要とされたのである。直刀だった形状は、反りのある「太刀」へと進化。貴族が権力誇示のために装飾していた拵えも、シンプルなものが好まれるようになった。「太刀」という言葉は「断ち」に由来しており、太刀は斬るという行為に特化した武器となる。直刀よりも馬上で使いやすく、以降日本刀の形状はこの太刀を基本としていく。

再び太刀に大きな変化をきたすようになるのは戦国時代に入ってからである。南北朝時代、武門の人々は勇猛さを誇示する為に大きな太刀を求めるようになっていたが、近代的な歩兵による集団尖塔が主流となり、大きすぎる武器は小回りが効かず疲労の原因となる。そのため、太刀のように帯で腰に「佩く」よりも、腰帯に直接「差す」ことができ、室内での抜刀が可能な「打刀」が登場する。いつ、的に襲われるかもわからないという戦国時代の実情が、刀を接近戦で扱いやすい短寸へと変化させたのだ。

江戸時代に入ると刀は一度役割を終え、平安時代の様な象徴的な存在となる。武士道と相まって刀が、「武士の魂」となったのもこの時期だ。そして、再び幕末の混乱期に実用的な刀が求められるようになり、戦場に戻ることとなった。

明治の廃刀令で、軍刀など一部を除き日本史上の武器としての役割を終えることとなった日本刀、200年の長い歴史を歩んできた業物たちは、現在では美術的価値を見出され、日本文化のひとつとして認められている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です