「日本刀の種類」

「日本刀の種類」・・・刀剣は歴史と共に、その形を様々に変えて来た。長さや形状にはそれぞれ特徴がある。ここでは日本刀の6つの種類を紹介する。

 ○太刀(たち) 平安時代後期から徐々に制作されるようになり、室町時代初期まで活躍した。刃を下にして腰につるして用い、床の間などにおく際も刃が下になる。太刀を「佩く」といい、馬上での戦いに有利な形状をしている。

 ○大太刀(おおたち) 太刀よりも刃長が長く、大ぶりなものを大太刀という。室町時代には武士の力の象徴として大太刀が好まれるようになった。戦いのみならず、神社などの御神体となっている大太刀も多い。

 ○打刀(うちがたな) 室町時代中期頃から、室内での戦いも考慮されるようになり、太刀よりやや短い打力が制作されるようになる。太刀とは違い刃を上にして腰帯に「差し」、以降江戸時代末期まで日本刀の主役となる。

 ○脇差(わきざし) 一尺(30.3cm)以上、二尺(60.6cm)未満のもので打刀よりもさらに短い。刃は上にして腰に差し、刀の予備として2本揃えて用いられた。江戸時代には大小の刀を差すことが定められ、太刀を本差し、小刀を脇差とした。

 ○短刀(たんとう) 長さが一尺(30.3cm)未満の刀で、腰刀とも呼ばれている。護身用に用いられることも多い。より頑丈につくられたものを「鎧通し」といい、固い鎧を貫くためにも用いられた。

 ○槍(槍) 柄の先端に、厚めにつくられた両刃の刀身」(穂)をはめ込み使用する。先端の穂の形状は、笹穂、十文字、片鎌など様々な種類がある。柄から穂の先までは数メートルあるものも少なくない。

 ○薙刀(なぎなた) その名の通り、薙ぎ払うために使用された刀で、茎の部分が長く穂先にかけて反りがつく。源平の時代に盛んに使用され、やがて武家の女性たちの習い事として「薙刀術」が定着していった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です