人間無骨

信長の小姓・森蘭丸の兄長可(ながよし)の使った十文字の槍がある。室町時代に活躍した美濃国(岐阜県南部)関の刀匠・和泉守兼定の作で、表に「人間」、裏に「無骨」の彫刻が施されており、「人間無骨」と呼ばれた。この槍をもってすれば人間など骨のない肉の塊のように貫かれる、という意味である。今は所在不明である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です