抜丸

平安時代中期に活躍した伯耆国(鳥取県西部)の刀匠・大原真守の作と言われる、平家伝来の名刀。もともとは伊勢国(三重県)に住む貧しい男ものだった。あるとき男はこの太刀を大木に立てかけて眠っていた。気がつくと木はなぜかすっかり枯れ果てている。このことから、男の太刀は「木枯」と名付けられたという。この噂を聞きつけた伊勢守・平忠盛は、男から木枯を買い取った。

ある日忠盛が昼寝をしていると大蛇襲った。そばにあった木枯がひとりでに鞘から抜けて、大蛇の頭をスパツと切り落とし、鞘に納まった。ここから木枯改め「抜丸」になったということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です