日本刀 日本刀

瓶割

一刀流剣術の始祖・伊東一刀斎の愛刀であったと伝わるのが「瓶割」だ。もともとは相模国(神奈川県)に奉納されたものだった。神前に吊るし大切にしてきたが、突然に落下し、下にあった酒瓶を真二つにしたここから瓶割の名がついたという。他に、一刀斎が、鬼夜叉と呼ばれていたころ、

とだ一放という武道家と戦い勝利した。立会人を務めた三島神社の神官・矢田織部は、一刀斎に三島神社につ割る日本刀を与えた。あるとき敗れた一放が、七人の刺客を送り、一刀斎は次々と倒し、最後に瓶の裏に隠れた一人を瓶ごと叩き切った。その時使った日本刀を瓶割と呼ぶようになったという。日光東照宮に奉納されたが、現在は行方不明となっている。

たくさんの日本刀の種類をみていきます。色々な日本刀があります。