日本刀 日本刀

圧し切り長谷部

作者は南北朝期の刀匠・長谷部国重。

元は相州鎌倉の鍛冶であったが、鎌倉幕府の滅亡後は京都五条に移住し繁栄した長谷部一派の一人である。

日本刀の中でも、織田信長は「圧し切り長谷部」がお気にいりだったようである。信長の逆鱗に触れた茶坊主が、台所の御膳をしまう膳棚の下に逃げ込んだ。信長は太刀を振りおろすことはできない。そこで太刀を、棚板と茶坊主の間に差し込んで押すと、それだけで茶坊主の胴は真っ二つになった。このため国重の太刀は「押し切り長谷部」と呼ばれるようになった。

現在は、国宝に指定され、福岡市博物館に所蔵されている。

 

たくさんの日本刀の種類をみていきます。色々な日本刀があります。