SEOはマーケティング

プラットフォームを巡る争いが激しくなり、ウェブ・サイト外での情報発信が増加する今後は、これまでのように検索サービスに向けた施策さえしておけば アクセスが伸び、成果に結びつくという時代が永遠に続くとは言い切れなくなっ てきている、ということは事実であろう。 無論、先述したように、検索サービス側もこうした変化に手をこまねいている訳ではない。いずれ新しい環境に適応した機能を追加してくる可能性は十分考えられるだ ろう。 だが検索サービス側の対応を待っているだけでは、ライバルに別の手を打たれて先細りしてしまう可能性もある。それは非常にもったいないことだ。やはり時代の変化を見越し、環境に対応するための次の一手を打っていく必要があるといえるのではないだろうか。 そのためにも忘れてはいけないことがある。それは、 SEO対策とてインターネットにおけるマーケティング手段の一つでしかないということだ。 確かに現在、インターネット社会における検索サービスの重要性は非常に高いものとなっている。日本でも検索連動型広告の市場が、 PCだけで大きな規模へ成長しているという事実もある。 だが見方を変えれば、その規模もネット広告市場全体からしてみれば4分の1程度の規模でしかないといえるし、 SEO やSEMだけであらゆる層にくまなくリーチできるプロモーションが実施できる訳でもない。ケースによっては、より効果を発揮す るマーケティング手法があるということを忘れるべきではないだろう。

おすすめサイト:SEO対策なら東京SEOメーカー